トップページ ブログ イベント ショップ VOICE SQUARE ACA 朗読劇
団体情報 | 営業情報
 僭越ながら番組内容を変更して、しろが演劇情報をお送りします

出演者
  しろ

更新頻度
  隔週水曜日-Podcast 更新

お便り投稿先
  shiro@alfa-radio.com

2016年09月06日

観劇ファイリング8月

台風だ台風だと叫んでいたらいつの間にか8月が終わっていましたね。
毎日が早すぎてどっこいしょと座っている暇もありません。
しろ。です。


今回は第72回でご紹介した、怪傑パンダース「ファントム・チューニング」観劇レポをお届けします!



場所は新宿村LIVE。
ここが新宿からも大久保からも歩く、新宿なのに便利なのか不便なのかわからない場所にある、中規模の劇場です。
とても綺麗なんですけどね。
基本商業の人たちが使っているイメージがあります。

毎回夜舞台を観に行く時は、仕事の都合上上演開始ギリギリなので、間に合わせるためには思い切り走るべしをモットーにしています(早上がりすれば済む話
新宿の街を爆走し、信号の度重なる嫌がらせにも耐え、走り込んだ新宿村LIVE。
地下へ降りる階段の至る所にスタンドのお花が飾られているではないか。
さすが、規模が違うぜと地下へ地下へ降りていくと、ボロボロの汗臭い自分とは別次元の爽やかな笑顔の受付のお姉さん。
恥ずかしい。

全席指定席だったので席を探して着席。
役者さんが劇場内は少し寒いですと事前にTwitterにて呟いてくれていたので、羽織をそのままに観劇姿勢。

舞台が始まってしまえば、寒さなんて忘れるもんです。

個性溢れる妖怪と、主演2人の恋の行方。
こんな世界に行きたいいや今すぐ連れてってと思わせる世界観。
音楽を多用した演出方法は中規模ならでは。
ストーリーは漫画や小説を読んでいるように区切りを入れていて、とてもわかりやすい。

その中でも玉藻姫というキャラクターがたまらなく好みで、抱きしめて殴られたい衝動に駆られました。
花魁口調で喋るだけでもキュンなのに可愛らしい容姿、色気と沢山の魅力が詰まっていて、役者さんの愛と根性を感じました。

座敷童子、化け猫、鬼、鎌鼬など誰もが知っている妖怪をうまく物語と絡め、最後はなんとなく予測できるけど、そうそう!!と納得してうるっとしてしまいます。
くやしい!

DVDは発売される予定はあるのかな?
もし発売されるのであれば、舞台見たことない…という方にも入りやすい一本だと思いますので、ぜひ購入してみてください!
過去の公演も素直に見たくなった舞台でした。


皆様本当にありがとうございました。
お疲れさまでした!


posted by 僭越ながら番組内容を変更して、しろが演劇情報をお送りしますスタッフ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
このサイトにある全ての著作権はALFAにあります。番組に関するお問い合わせは、ALFA総合受付窓口まで。

Copyright © ALFA-NET.RADIO STATION. All Rights Reserved.